乾燥肌のかゆみの改善

乾燥肌のかゆみの改善するサプリメント

乾燥肌のかゆみを抑えるサプリメントはコレ!肌のかゆみに、悩まされていませんか?

 

顏や腕、足、肌がかゆくて寝付きが悪い、顏の肌は荒れてしまう…。

 

肌がかゆくなる根本的な原因は、肌の乾燥にあります。

 

肌が乾燥する原因は、いくつかあります。

 


肌の乾燥の原因
  • アトピー性皮膚炎など皮膚疾患
  • 食生活の乱れ
  • ストレス
  • 生活習慣の乱れ
  • 間違ったスキンケア
  • 加齢

など。

 

乾燥した肌はカサカサになります。そのため、かゆみが出ます。

 

と、言うほど単純な仕組みではありません。肌が乾燥してしまうと、肌のバリア機能が低下してしまいます。さらに炎症を起こして、かゆみの症状は悪化していきます。

 

そこで我慢できず?きむしってしまうと、肌は大きなダメージを受けてしまいます

 

肌が乾燥する→肌がかゆくなる→肌が荒れる→炎症する→乾燥が悪化する

 

といったように、悪循環に突入してしまいます。

 

まとめると、肌の乾燥を改善するためには、肌に潤いを与えて保湿することが重要です。

 

スキンケアに加えて、体の中から潤いのある肌を維持するために、おすすめのサプリメントを厳選しました。

乾燥肌対策におすすめサプリメント ランキング

澄肌漢方堂

乾燥肌のかゆみを抑えるサプリメントはコレ!

特徴

澄肌漢方堂は、漢方系の体にやさしい医薬品です。症状だけでなく原因にも働きかける作用により、アレルギー体質を改善することができます。皮膚炎などにも効き目が期待できます。

 

天然由来の12種類の生薬成分が体の中から働きかけます。そこにビタミンやアミノ酸も配合しています。皮膚炎からくるシミや色素沈着対策にもなります。

 

商品情報

価格 9,800円
成分 12種類の生薬

公式サイトへ

ヒアロモイスチャー240

乾燥肌のかゆみを抑えるサプリメントはコレ!

特徴

ヒアロモイスチャー240は、食品メーカーのキューピーが販売している機能性表示食品です。体内から保湿するという考えのもと、潤いに良い成分をたっぷりと配合

 

高純度のヒアルロン酸は240mgも。年齢とともに減っていくヒアルロン酸を補うことで、保湿力を高めることができます。1日4粒の摂取目安で、肌の乾燥を防ぎ根本的にかゆみを改善

 

商品情報

価格 1,780円
成分 高純度ヒアルロン酸240mg

公式サイトへ

アトケアプロ

乾燥肌のかゆみを抑えるサプリメントはコレ!

特徴

アトケアプロは、今注目されているプロポリスサプリです。プロポリスの抗酸化作用や抗炎症作用など優れた働きが、かゆみのある肌にアプローチします。アレルギー性皮膚炎などにも効果的です。

 

しかも、ブラジル産の純度100%プロポリスパウダーを使用しています。オーガニック認証を取得していて、なおセオラス配合により、腸内からキレイをサポート。1日2粒で、健やかな肌へと導きます。

 

商品情報

価格 500円
成分 純度100%プロポリスパウダー、セオラスなど

公式サイトへ

コラーゲン補給でかゆみや乾燥を改善

乾燥肌のかゆみを抑えるサプリメントはコレ!肌がかゆくなる原因は、乾燥です。肌が極端に乾いてカサカサすると、かゆみの症状が出てきます。

 

かゆみの症状を治すためには、肌質を改善することが大切です。

 

そのためにまず取り入れたい成分が、おなじみの美容成分「コラーゲン」です。

 

コラーゲンはもともと体内で生成されますが、加齢とともに減少してしまいます。とくに40歳を過ぎると、急激に生成量は減少してしまいます。

 

肌の保水力を維持するための土台になる部分が、表皮の奥にある真皮です。その真皮に、コラーゲンが多く含まれています。その他に、ヒアルロン酸やエラスチンがあり、これらの成分によって潤いのある肌が成り立っています。

 

真皮がコラーゲンなどを含んでいるおかげで、ハリや弾力のある潤った肌を維持することができます。つまり、コラーゲン不足になると、肌のハリはどんどん失われていき、肌も乾燥してしまいます。

 

かゆみを取り除くためには、まずコラーゲンを補給しましょう。コラーゲンを配合した化粧品を使うと、肌に直接コラーゲンを与えて潤いますが、それは表皮が潤っているに過ぎません。

 

体の中から潤い成分を補うことが大切なので、コラーゲンは口から摂取した方が効果的です。鶏肉やフカヒレなどから摂れますが、毎日食べるのは大変なので、コラーゲンを含むサプリを利用すると効率的です。また、ビタミンCと一緒に摂ると、より効率よくコラーゲンを増やすことができます。

かゆみを治すためには保湿が重要

乾燥肌のかゆみを抑えるサプリメントはコレ!肌にかゆみが出る原因は、乾燥です。

 

肌が極端に乾燥してしまうと、カサカサとしてかゆみが出てきます。

 

そこで我慢できずに掻いてしまうと、肌が荒れてダメージが加わり、さらに肌の状態が悪化してしまいます。

 

かゆみを治すためには肌の乾燥を改善すること。つまり、肌を保湿することが大切です。

 

細胞の角質層の細胞間脂質や、NMFという天然保湿因子によって細胞の水分が決まります。水分量が少ないと、乾燥肌と判断されます。潤いのある肌を取り戻せると、かゆみの症状も乾燥のトラブルも解決できます。そのためには、脂肪肝脂質とNMFの水分量を増やすことがポイントになります。

 

保湿力のある化粧水+保湿クリームで肌を外側から保湿することができますが、それだけでは足りません。十分に保湿された肌を保つためには、体の中からケアする必要があります。

 

体に保湿成分を施術で投与するわけでなく、普段の食事を見直すだけでも違いがあります。食品から保湿に良い栄養素やサプリで摂ることで、体の内側からも保湿できます。

かゆみ・乾燥肌を改善するために食生活も重要

乾燥肌のかゆみを抑えるサプリメントはコレ!偏った食生活を送っていると、乾燥肌を引き起こして、かゆみの症状が出てしまいます。

 

かゆみをなくして、潤いのある肌を維持するためには、毎日の食事が大切です。

 

偏食や暴飲暴食をしていると、肝機能が低下して肌のターンオーバーが乱れてしまいます。すると、肌は荒れやすくなってしまいます。

 

肌の保湿に欠かせない成分とは、コラーゲンやヒアルロン酸、エラスチン、セラミドなどです。コラーゲンなどは食べ物からも摂ることができます。

 

とくに食べ物から補給したいのが、タンパク質です。タンパク質は肌を作るために欠かせない栄養素です。ダイエットなどでタンパク質不足になると、肌荒れなどの症状を引き起こしてしまいます。肉類や魚類、大豆類や乳製品など、タンパク質を含む食べ物を取り入れましょう。

 

また、必須脂肪酸のオメガ3系脂肪酸やオメガ6系脂肪酸を3:1のバランスで摂ると効果的です。オメガ3系脂肪酸は青魚に多く、オメガ6系脂肪酸は植物オイルに含まれています。

 

この他に、ビタミンやミネラルをバランスよく摂ると、肌の調子を良くすることができます。まとめると、バランスよく栄養を摂れる食事にすることで、体の中から肌を健康にすることができます。その他、不足しがちな栄養素や保湿成分はサプリメントを摂ることで補いましょう

デリケートゾーンのかゆみはどうする?

乾燥肌のかゆみを抑えるサプリメントはコレ!人に言いにくいけど、実はデリケートゾーンのかゆみに悩まされていることはありませんか。

 

女性の場合、とくに生理時期になると、デリケートゾーンに不快感があらわれます。

 

ナプキンなどを使用することで、蒸れやかぶれにより、肌に刺激を与えることによってかゆくなってしまいます。

 

ただし、デリケートゾーンのかゆみは病気に感染している可能性もあります。細菌には、「大腸菌、ブドウ球菌、トリコモナス原虫、パピローマウイルス」などです。このような細菌感染によっても、不快なかゆみの症状が出るので注意してください。この場合は、細菌を死滅させる治療が必要です。

 

細菌感染以外でデリケートゾーンにかゆみが出る原因は、簡単にいうと不潔だからです。生理中はこまめにナプキンを交換し、専用のシートなどで拭き取るようにしましょう。きれいな状態を保つことでかゆみ対策になります。

 

また、生理以外にも肌の乾燥やストレスなどによってかゆみの症状が出てきます。ストレス対策や、デリケートゾーンに使える保湿ケアをすることで、かゆみを抑えられます。ホルモンバランスの乱れによって起こることもあり、更年期になるとかゆみの症状が出ることもあります。

 

その他に、糖尿病による症状、服用中の薬の副作用でかゆみが出ることもあります。妊娠中にも、体の変化などによってかゆみが出てきます。基本的にはデリケートゾーンを清潔にし、保湿することでかゆみを防げます

乾燥肌とかゆみの関係とは?

乾燥肌のかゆみを抑えるサプリメントはコレ!肌がかゆいという症状の多くが、乾燥からきています。

 

つまり、かゆみの症状がある人のほとんどが乾燥肌という共通点があります。

 

乾燥肌が悪化するほどにかゆみはひどくなるだけでなく、炎症が起こりやすくなります。

 

肌はバリア機能が低下している状態であるため、外部の刺激に弱くなり、肌荒れやニキビなどのトラブルも起こりやすくなります。乾燥肌が深刻になっているほど敏感で、たとえいつも使用している化粧水ですら刺激になることもあります。

 

また、肌自体に変化が起こります。健康な肌ならpHが弱酸性に保たれるのですが、乾燥するとアルカリ性に傾いてしまいます。その結果、肌は細菌が増殖しやすくなるため、さらに肌は荒れてしまいます。

 

かゆみの症状が気になるときは、かゆみを抑えるだけでなく、乾燥肌自体を改善することが重要です。かゆみに効く軟膏を塗っても一時的にしか改善されず、根本から治すためには、肌を保湿することが重要です。

 

かゆみの症状が出ている乾燥肌には、「抗ヒスタミン剤、セラミド、ビタミンE」を配合した製品が効果的です。また、炎症鎮静や血行促進といった働きもあります。

 

体の肌が乾燥しているときは、着用する衣服にも気を付けましょう。服の繊維が刺激になることもあるため、シルクやコットンなど体にやさしい素材がおすすめです。

▲TOP